YAKITORI アラカルト

材料

鶏ムネ肉 鶏モモ肉 手羽先 鶏ささみ 鶏ひき肉 軟骨 椎茸 ねぎ ししとうがらし おくら うずらの卵 ごま油 醬油 卵 片栗粉 にんにく

道具

クラフトグリル アイロダライター

つくり方

肉の下準備をする。モモ肉、鶏ムネ肉1枚は余分な脂肪を取り除き、皮は外しておく。それぞれ塩3gを振り、20gくらいの大きさに切り分けて4切れずつ、縫うように串に刺していく。皮は2~4cmに切り分け、同じように串に刺す。バットにオーブンペーパーを敷いて串をおき、ラップをかけて冷蔵庫でしばらくねかせる。
ささみ6本は筋のまわり5mmのところに切り込みを入れてから、筋を引っ張って取り除き塩少々を振る。縦の縫うように串に刺し、冷蔵庫へ。
手羽先6本は皮面に2箇所斜めに切り込みを入れ、塩少々を振る。
つくねを作る。鶏ひき肉300g、みじん切りにした軟骨100g、卵小1個、ごま油、醬油各小さじ1、片栗粉小さじ2、すりおろしたにんにく1片分をボウルに入れ、粘りが出るまでよく混ぜ合わせる。一口大の団子状に丸め、沸かした湯でさっと茹でてから串に刺す。*つくねは串にしっかり付くように、太めの串を用意すること。
茹でたうずらの卵、4cm長さに切ったねぎ、ししとうがらし、椎茸もそれぞれ串に。
好みのタレやわさびを刷毛で塗りながら、じっくりと火が通るまで焼く。6人分

特製焼き鳥のタレ

醬油 みりん 砂糖 酒 梅干し 削り節

醬油だれを作る。醬油大さじ5、みりん大さじ3、砂糖大さじ3、酒大さじ(水でもよい)を鍋に入れ、弱火でじっくりとろとろになるまで煮詰める。十分に冷ましておく。
梅醬(うめびしお)を作る。梅干し10個は種を除いて粗く刻み、削り節5gを加え、みりん適量で溶きのばす。
ささみやムネなどさっぱりしたものに良く合う。

料理・監修 大森まゆみ(ノッツハウス)
写真 寺澤 太郎

by a+ TOOL & COOKING

新着

  1. 2018.11.27

    勘太郎茶漬け

カテゴリー

PAGE TOP